音域をのばす

音域を伸ばすボイストレーニング

ボイストレーニングは声量を大きくしたり、リズム感を良くしたりといった目的で行いますが、音域を広げるという点が大きな目的になることが多いといえます。
特に、高い音を出すことがなかなか難しかったりしますから、ボイストレーニングをすることによって、高い音も出せるようになれば、それだけ歌うことができる曲も増えてくるということになります。
では、どのようなトレーニングをすれば、音域を広げることができるのかというと、まず遠くへ向かって優しく歌うということを意識することが大事になってきます。
中には、高い音を出そうとして力んでしまう人がいますが、この方法では一時的には高音も出るかもしれませんが、喉に負担がかかったり、声量が弱かったりしてあまりよい方法とは言えません。
次に、裏声の練習をするという方法があります。
裏声は歌の練習をする上で重要な要素の一つであり、特になかなか高音が出せない、低温が出せないという人は最適な練習方法の一つです。

ボイストレーニングで音域を広げよう

ボイストレーニングをすることによって、自分の声の音域を広げることが可能です。
どれくらい広げたいと思っているのかにもよりますが、努力次第ではプロ並みに広げることも可能なので、まずは信頼と実績のあるスクールに通えるようにしましょう。
どのようなスクールであれば、間違いのないトレーニングができるのかは、実際に通ったことがある人の体験談をみればすぐにわかります。
インターネット上から口コミ情報をすぐにチェックできる時代なので、本格的にボイストレーニングができるようにするためにも、信頼できそうな口コミ情報を早い段階でチェックできるようにしておきましょう。
言うまでもなく専門学校等もあるので、専門学校に通って本格的に声の音域を広げるということもできます。
もちろんその場合は多額のコストと時間が必要になってきますが、真面目に勉強したいなら学校が1番です。
ボイストレーニングをしてくれる専門の教室などもあるので、自分の都合に合った方法を考えましょう。

『ボイストレーニング 音域』 最新ツイート

@I_N_H_R_1

特に女性の方、スピッツの「空も飛べるはず」を#6まで音域あげて歌うと効率のいいボイストレーニングになるよ

1時間前 - 2017年06月24日


@satou_ADS

この手の本も一冊読んでおくかと思ってkindle読み放題でパラパラめくってみた。最近の音程合わせ至上主義のボイストレーニングを否定していて、先に自分の地の声を狭い音域の中でより大きく太く綺麗にしていく方がよいという論調。どっちが正解か分からないけどこっちの練習もしたいと思う。

1日前 - 2017年06月22日


@yue22nyan

3分ボイストレーニング 高音域をエッジボイスで解決! https://t.co/svfYxmxuvV @YouTubeさんから

3日前 - 2017年06月21日